ここから本文です

【動画解説】熱帯低気圧から台風へ 西日本から東北で大雨のおそれ

6/27(木) 11:37配信

ウェザーマップ

 奄美大島付近にある熱帯低気圧は、北上しながら、あす(金)にかけて台風に変わる見込みです。西日本~東北にかけて大雨に警戒し、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒や注意が必要です。

 熱帯低気圧は、きょう27日(木)午前9時には奄美大島の東の海上を1時間におよそ45キロの速さで北北東へ進んでいます。中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートルとなっています。熱帯低気圧は、今夜からあすにかけて西日本から東日本の太平洋側にかなり接近し、今後24時間以内に台風に変わる見込みです。
雨や風のピークは、九州・中国・四国・近畿はあす朝にかけて、北陸や東北は低気圧や前線の影響で、あす昼頃にかけて、関東はあすの朝の通勤通学の時間帯となりそうです。

 あす朝までに予想される雨の量は、東海や近畿は200ミリなど、各地で、6月1か月分に相当する雨が降るようなおそれがあります。また、強風や高波にも注意が必要です。
 西日本の各地は、梅雨入り後、早々にまとまった雨に警戒が必要です。
(気象予報士・崎濱綾子)

最終更新:6/27(木) 11:37
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事