ここから本文です

横断中の歩行者事故...半数が横断歩道 車にはねられた交通事故

6/27(木) 11:18配信

福島民友新聞

 県内で道路を横断中に車にはねられた歩行者の半数が、横断歩道で交通事故に巻き込まれていることが26日までに、県警のまとめで分かった。
 県警によると、今年1~5月に県内で歩行者が道路横断中に車にはねられた交通事故は129件あった。このうち半数の69件は横断歩道で起きており、歩行者2人が死亡した。
 県警は、ドライバーの歩行者保護意識の欠如が交通事故の大きな要因と分析しており、信号機のない横断歩道周辺での交通取り締まりを強化している。

最終更新:6/27(木) 11:18
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事