ここから本文です

G20会場に「おもてなしブース」 たこ焼きやロボット

6/27(木) 20:10配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

G20(20カ国・地域)大阪サミットの開幕を28日に控えた会場で、日本の文化を体験できる「おもてなしブース」が、各国の記者らで早くもにぎわいをみせている。

G20大阪サミットの会場には、たこ焼きやお好み焼きなどの大阪名物に加え、日本の食材を生かした食事がビュッフェ形式で楽しめるブースが設置され、多くの海外メディアが舌鼓を打っている。

一方、お茶屋さんでの伝統的なお座敷遊びの1つ「金比羅船々」から、医療用ロボットといった最先端技術まで、日本の文化を体験できるコーナーにも外国語を話せるスタッフが配置され、にぎわっている。

2020年に迫った東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けても、政府は、今回のサミットを通じて日本文化をより多くの人に体験してもらい、世界に発信したい考え。

FNN

最終更新:6/27(木) 20:10
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事