ここから本文です

米人気番組で話題のゆりやん “英語ネタ”のモデルになった女性が登場

6/27(木) 11:14配信

クランクイン!

 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが26日、『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系/毎週水曜21時)に出演。番組では、ゆりやんが出演したアメリカの人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』の裏側が明かされた。

【写真】ゆりやんレトリィバァ、大股開きのポールダンス


 『アメリカズ・ゴット・タレント』は、スーザン・ボイルらを輩出した世界的なオーディション番組。2018年10月にプライベートでニューヨークを訪れたゆりやんは、番組出演をかけたオーディションに参加し、4万人を超えるエントリーの中から、出演者225名のうちの1人の座を勝ち取った。2019年3月に行われた番組収録の際、角刈りのカツラと星条旗がデザインされた際どい水着姿で披露した珍妙なダンスと、審査員たちとの流ちょうな英語でのトークが世界中で話題となった。

 子どもの頃に映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に憧れたことに始まり、これまで「アカデミー賞を受賞した女優のスピーチ」など英語を駆使したネタを数多く披露してきたゆりやん。番組でその語学力の秘けつを質問されると、ゆりやんは「憧れだけで、しゃべれている気持ちだけ持ってるという感じです」と返答。本格的な英語の勉強をした経験がないそうで「よく聞いていただいたら中学・高校で習った英語とか文法だけでやってると思います」と、自らの語学力のタネ明かしをした。

 番組にはそんなゆりやんの英語ネタのモデルとなった、大学時代からの親友・香帆さんも登場。現在キャビンアテンダントとして働く香帆さんは『アメリカズ・ゴット・タレント』に出演するゆりやんのために収録前に合流。ゆりやんは香帆さんについて「動きとかジェスチャーもアメリカっぽいんですよ」と語ると「She is model」と親友からの影響を英語で表現した。

 スタジオでの梅沢とのトークの中でゆりやんは「日本のテレビだと1時間前入りなんですけど、あの番組が7時間前だったんです」と話すと「その待ち時間が逆によくて、友達の香帆ちゃんにも7時間前に来てもらって、審査員へのコメントが言えるようにシミュレーションをしてもらったんです」と回想。「いろんな角度から質問のシミュレーションをしてもらって」と語ると「やったやつ全部きたみたいな」と笑顔で語り、香帆さんの心強いサポートを明かした。

最終更新:6/27(木) 11:58
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事