ここから本文です

『空の青さを知る人よ』、落合福嗣×大地葉×種崎敦美ら実力派参戦

6/27(木) 16:30配信

クランクイン!

 『あの花』『ここさけ』の長井龍雪監督の4年ぶりの新作で、吉沢亮や吉岡里帆らが声優を務める長編アニメ映画『空の青さを知る人よ』より、追加キャストが解禁。声優の落合福嗣、大地葉、種崎敦美が参加することが発表された。

【写真】『空の青さを知る人よ』フォトギャラリー


 本作は、不思議な四角関係を描くラブストーリーで、長井監督が手掛けた『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』と合わせ、オリジナル長編アニメ三部作となる。脚本家の岡田麿里とキャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結する。

 17歳の高校二年生・相生あおい(若山詩音)は、受験勉強もせず音楽漬けの毎日を過ごし、姉・あかね(吉岡)に心配される日々。13年前に事故で両親を失い、あかねは恋人との上京を断念して、地元で就職し、あおいの親代わりを務めてきた。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉(松平健)が決定。そのバックミュージシャンとしてあかねのかつての恋人であり、音信不通になっていた慎之介(吉沢)が町に帰ってくる。

 時を同じくして、あおいの前に、突然しんの(吉沢・二役)が現れる。彼はあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の慎之介だった。思わぬ再会をきっかけに、次第に、しんのに恋心を抱いていくあおい。一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

 落合が担当するのは、あかねと慎之介の同級生で、高校時代にはドラマーとして慎之介とバンドを組んでいた中村正道役。第13回声優アワードで新人男優賞を受賞した落合が、あかねに片想いをするも、いま一歩踏み込めないでいる31歳バツイチの通称“みちんこ”を演じる。

 大地は、正道の一人息子で、あだ名は“ツグ”の11歳の小学五年生・中村正嗣役を担当。ツグは精神的に大人っぽく聞き上手なため、いつもあおいの与太話につきあっているキャラクターだ。種崎はあおいの同級生で、バンドマンの彼氏を作るのが目標の大滝千佳役を担当し、慎之介に積極的にアプローチして、しんの、慎之介、あかね、あおいの四角関係をかき回す役どころを演じる。

 長井監督は今回参加が発表された3人について「正道はあかねのことを想いながらも踏み込めない不器用で一生懸命なキャラクターで、落合さんが演じて下さったことで思わず応援したくなる愛らしさを加えて頂けたと思っています。正嗣は小学生ながら客観的に物事を見て発言するキャラクターで、大地さんの落ち着きと幼さを兼ね備えた声質と演技がぴったりだと思いました。千佳はストレートな物言いが特徴的でマイペースに誰とでも接する女の子です。種崎さんに演じて頂けたことで、快活さと良い意味でのゆるさを表現して頂けました」とコメントを寄せている。

 映画『空の青さを知る人よ』は10月11日より全国公開。

最終更新:6/27(木) 16:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ