ここから本文です

国公立大進学なら教師に―高校で野球をやめようと思った西武本田の不思議な“縁”

6/27(木) 15:18配信

Full-Count

大学では「野球はやらなくても…」、国公立断念で親から「宮城で野球を続けてほしい」

 4年目の今シーズン、4月4日のロッテ戦でプロ初勝利を挙げた西武の本田圭佑投手。2016年のオフに行われたU-23ワールドカップでは、侍ジャパンU-23代表の一員としてチームを優勝に導く活躍を見せたものの、17、18年の2年間は、1軍での登板が計6試合と苦しんだ。今シーズンは開幕ローテーション入りを掴み、ここまで7試合に登板。好調の理由は「投げることを楽しんでいる」ことだという。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

 宮城県の東北学院高では甲子園出場はなく、大学では「野球はやらなくてもいいかな」と思っていた。両親に金銭面で負担をかけないよう国公立大に進学し、体育教師を目指すつもりだった。しかし、勉強が思うようにいかず断念。私立の東北学院大に進学した。

「国公立大は受からないだろうなって。それで親と相談しました。金銭面で関東の大学には行かせられない。私立でいいから、宮城で野球を続けてほしいって言われて、それで決めました」

 国公立大を諦める形で進学した東北学院大だったが、この選択がプロ入りのきっかけになった。東北学院大の先輩で、当時西武に所属していた岸孝之投手(現楽天)を見出した、西武の水沢英樹スカウトが本田に声をかけた。

「水沢さんがよく練習を見に来てくれていました。まさか、プロのスカウトが自分に声をかけてくれるなんて思いませんでした。ウエートトレーニングを強化したことで、3年生の時には球速も147キロまで伸び、それもあってプロを意識し始めました」

 そして、15年のドラフトで西武から6位指名を受け入団。「驚きました。大学でも自分の満足のいく結果が出せていなかったので、プロは無理だろうなと思っていました」と当時を振り返る。ルーキーイヤーは1軍で2試合のみの登板だったが、オフにはU-23日本代表に選出され、2試合に先発。好投を見せチームの優勝に貢献した。しかし、2年目、3年目は1軍での登板は計6試合と、結果を残すことはできなかった。

1/2ページ

最終更新:6/27(木) 15:42
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事