ここから本文です

グリッケンハウス、WEC“ハイパーカー”プログラムの詳細明かす。エンジンはOEMで調達か

6/27(木) 12:14配信

オートスポーツweb

 アメリカに拠点を置くスポーツカーコンストラクター、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)のジェームズ・グリッケンハウスは、WEC世界耐久選手権の2020/2021年シーズンから導入される“ハイパーカー規定”に向けた、同チームのプログラムが最終決定に至る過程にあると語った。

【写真】2019ニュルブルクリンク24時間に参戦したSCG 003C


 ニュルブルクリンク24時間などで活躍するSCGは現在、2020年9月にスタートするWECの最高峰カテゴリーへの参戦に向け、新型プロトタイプマシンの準備を進めている。

 グリッケンハウス氏は、『SCG 007』と呼ばれる新型ハイパーカーの組み立てを2019年9月に開始する予定であるとし、来年1月か2月の本格的なロールアウトに間に合わせるため、今年後半にはテストを開始させたい考えであることを明かした。

 また、グリッケンハウス氏によるとチームは現在、WECのOEMメーカーとエンジンに関する契約交渉を進めており、エンジンタイプはV6ツインターボユニットを検討しているという。

「(WECの)新しいルールが完成した。そして同時に、我々もクルマのデザインとエンジンに関して、自分たちがやろうとしていることが明確になった」とグリッケンハウス氏。

「事実、我々のもとには、SCGにエンジンを提供することに興味を持っている、非常に大規模でメジャーなOEMがいくつか存在する。新たなルールではプロトタイプカーであっても、ロードカー用のエンジンを使いやすくするための規則が定められているんだ」

「私は先週末のニュルブルクリンク24レースで、いくつかのメーカーと契約に関する話を始めた。彼らのなかには、SCGにレース用エンジンを売ることはできないとはっきり言った人もいた」

「しかし、ある人は我々の提案に興味があり、当該メーカーがル・マン用にクルマを作っていないので、『エンジンを供給することに問題はない』と言っていたよ」

■SCGは予定どおり、ハイブリッドシステムを搭載へ
 2019年のル・マン24時間で明らかにされた改正版ハイパーカー規定によって、ノンハイブリッド車の参戦が正式に許可されたものの、SCGでは当初の予定どおり、ガソリンエンジンと電気モーターによるハイブリッドシステムの搭載を望んでいる。

「我々はおそらくハイブリッドカーを作ることになるだろう。それは600馬力のガソリンエンジンと前輪に150馬力のパワーを送る電動ハイブリッドの組み合わせになるはずだ」

「そして、我々はSCG 007を(ロードカーベースではない)プロトタイプ規則にあわせて制作する予定だ」

「安全基準を満たすセーフティセルとしてのモノコックを設計すれば、(その他の部分は)プロトタイプ規則に合わせてクルマを作り上げるのは容易だ。また、(ロードカーからレースカーに仕立て直すよりも)はるかに簡単で安価にできる」

「我々は2台目のSGCマシンとなった『P4/5コンペティズィオーネ』で、ハイブリッドシステムに関する多くの仕事をやり遂げている。そして、この分野がレースにとって非常に興味深いものだと考えているんだ」

「ブレーキで失うエネルギーをモーターで回収し、それをパワーに変換する真のハイブリッド車が好ましい。楽観的な考えかもしれないが、我々はこのプログラムが本当に良いものになると思っていんだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/27(木) 12:20
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ