ここから本文です

タピオカのごとくミカンが入ってくる。 「ガツン、とみかんゼリー」発売直後から口コミ続出

6/28(金) 7:00配信

東京バーゲンマニア

赤城乳業のアイスキャンディー「ガツン、とみかん」が2019年6月25日、「ゼリードリンク」となって全国のコンビニエンスストアで販売されています。

アイスを溶かしただけ...じゃない!

ミカン果肉をガツン、と詰め込まれたジューシーなミカン味アイスキャンディー「ガツン、とみかん」は、赤城乳業のロングセラーブランド「ガツン、とシリーズ」を代表する商品で、今年で21年目を迎えます。

今回発売の「ガツン、とみかんゼリードリンク」は、果肉感たっぷりなアイスキャンディーの味わいを再現しながら、ゼリー食感をプラスしたデザートドリンクにアレンジされたもの。

発売するやいなや、SNS上ではこんな感想が続々あがっています。

「コンビニで一目惚れ!うめーーーー!!!! ガツンとみかんのジュースなんだけど、アイスのうまさをそのまんまゼリーにしましたって感じ!!! 」

「非常に美味しい。ぎゅっと詰まったみかんの美味しさたるや。おいしすぎてストックしてしまってる。最高」

「サンガリアとかのつぶつぶみかんジュースの様」「おじさん世代が懐かしさで泣いちゃうやつ」

「ガツンとみかんゼリードリンク、あまりにも美味すぎて麻薬かと思った」

実際記者もゲットし飲んでみました。

カップ下が透明であるため果肉がたっぷり入っているのがわかります。

食べ応えのあるミカンを吸えるように、付属のストローは太めです。

ひと口目から、大粒のミカンの果肉が口の中にやってきました。ツイッター上で「タピオカのごとくミカンの身が入ってた」「概ねみかんの缶詰めだった」といったコメントもあがっていた通り、吸えば吸うほどミカンが流れてこない時がありません。小粒状のミカンが続くことも多く"ずっとミカン"です。ゼリー自体はツルツルした舌ざわりで、ゼリーだけが流れてくる感じはなく、常に粒状のミカンと一緒に味わえました。

内容量は280gなのでしっかりした飲みごたえです。爽やかなミカンと強めの甘さは、疲れた時などに飲みたくなる味でした。

1/2ページ

最終更新:6/28(金) 7:00
東京バーゲンマニア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事