ここから本文です

インテージ、「TV×YouTubeクロスメディアリーチレポート」を開始 ターゲット属性のリーチも提供

7/1(月) 12:40配信

MarkeZine

インテージ、「TV×YouTubeクロスメディアリーチレポート」を開始 ターゲット属性のリーチも提供

「TV×YouTubeクロスメディアリーチレポート」のイメージ

 インテージは、テレビCMおよびYouTubeなどのデジタル広告の到達状況がわかる「TV×YouTubeクロスメディアリーチレポート」の提供を開始した。

「TV×YouTubeクロスメディアリーチレポート」のイメージ 同サービスでは、Googleの協力により、PCやモバイルといった複数のデバイスをまたいだYouTube広告リーチの計測が実現した。同社の「i-SSP(インテージシングルソースパネル)」を用いてテレビCM接触率のデータを合わせて見ることで、広告主企業や広告代理店は、クロスメディアで広告キャンペーンの到達状況を把握することができる。

 また、広告キャンペーンのターゲット属性(性年代)におけるリーチも提供。これにより、各メディアのターゲット到達効率を把握できる。

 なお、同サービスの計測対象メディアは今後拡大される予定だ。

最終更新:7/1(月) 12:40
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事