ここから本文です

映画『トイ・ストーリー4』監督&プロデューサーが、ダイアモンド☆ユカイが歌う主題歌に感動!「もはや人生の一部です」(ユカイ)

6/28(金) 16:23配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■映画『トイ・ストーリー4』日本版声優の唐沢寿明(ウッディ役)、所ジョージ(バズ役)、竜星涼(フォーキー役)、主題歌を担当するダイアモンド☆ユカイが一挙登壇!
おもちゃの世界を舞台に、人とおもちゃの絆をドラマチックに描き、世界中の観客を感動の渦で包み込んだディズニー/ピクサーの大傑作『トイ・ストーリー』シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が、7月12日に全国公開となる。

【動画】ダイアモンド☆ユカイが歌う、映画『トイ・ストーリー4』主題歌「君はともだち」

6月21日にはアメリカで公開され、興行収入100憶円を超えた前作『トイ・ストーリー3』のオープニング数字を超える大ヒットを記録。そしてこのたび、6月27日にジョシュ・クーリー監督とプロデューサーのマーク・ニールセンが来日を果たし、日本版声優のウッディ役:唐沢寿明、バズ役:所ジョージ、自分をゴミだと思っている手作りおもちゃフォーキー役:竜星涼、一作目から日本版主題歌を担当するダイアモンド☆ユカイら超豪華キャスト陣が集結した。
※「ダイアモンド☆ユカイ」の「☆」は六芒星が正式表記。

■監督&プロデューサーが作品に込めた想いとは?
クーリー監督とニールセン・プロデューサーが大きな拍手に迎えられて登場。ピクサーの「過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない」という信念の基に描かれた本作だが、クーリー監督は「僕も『トイ・ストーリー3』で終わりだと思っていましたが、実はウッディとアンディの話が終わっただけだと気づいたんです。ウッディにはまだ描くべきことがあると思ったら、とてもわくわくしました」と意外な制作のきっかけを明かした。

全米ですでに大きな感動を巻き起こし大絶賛されている本作だが、シリーズを通じて描かれてきたのはウッディとバズの“友情”。本作で描かれる2人の関係性についてクーリー監督は「『トイ・ストーリー』でウッディとバズは、意見が合わないときもあったり、いろんな経験をして親友になりました。ふたりの友情は本作でも続きます。ラストにはとても感動的な結末が待っており、ふたりの友情なくしては成立しない物語になっています」と太鼓判。

さらに世代や国境を越えて愛され続ける『トイ・ストーリー』シリーズの魅力は“キャラクター”だそうで、世代を問わず観た人の心に響く理由を「とくにウッディとバズのキャラクターたちと一緒に、私たちは25年間一緒に人生を歩んできました。だからこそ『トイ・ストーリー』は感情的に深く繋がっている作品なんだと思います。昔の友達に会うような気持ちで見ていただいていて、誰もが共感できる部分があるからだと思います」とニールセン・プロデューサーがコメント。本作の大ヒットに期待が高まるばかりだ。

そんな監督とプロデューサーへのプレゼントとして、ダイアモンド☆ユカイが、日本版主題歌を大熱唱。シリーズ一作目から歌い続けているユカイの生歌に、監督らも聴き入り感動していた。

歌い終えたユカイは「歌い続けてきて、歌えば歌うほどこの曲とともに成長し、もはや人生の一部です。歌うほど新しい感動があり大好きな曲です」と曲への深い愛を交えて語った。

■キャスト全員でオリジナル巨大フォーキーを手作り!
そしていよいよ、ウッディ役の唐沢寿明、バズ役の所ジョージ、フォーキー役の竜星涼も大歓声とともに登場。23年以上も声優を務める唐沢は、本作で描かれるウッディとバズの友情について聞かれると、「一作目ではウッディがバズに対して嫉妬しているんですよね。本作ではウッディが成長していて、バズも『心の声に従うんだ』とか言って、ふたりの関係もどんどん変化していました」とコメント。所も「唐沢さんは真面目でウッディそのもの。私なんかバズみたいに思い込みだけで生きていて、バズに合わせていってる感じだよ」と、ふたりならではの掛け合いで笑いを誘った。

ウッディの新しい冒険のきっかけになる新しいおもちゃのフォーキーについて竜星は、「フォーキーは愛嬌があって憎めないキャラクター。映像を観ていて普段の自分じゃだめだと思ったので、生まれたての赤ちゃんのような感覚で声を出すことを心がけました」と魅力を力説。

『トイ・ストーリー』シリーズが大人からも愛される理由について、唐沢は「持ち主の子どもが大学生になったら小さい子におもちゃをあげたり成長していくんですよね。だから一作目から観ている人は映画と一緒に成長していると思う。子どもの頃から観ている人が家族を持って、子どもと一緒に3世代くらいで観られるのが魅力」とコメント。所は「キャラやストーリーは子どもにうけるし、絵の作りこみの素晴らしさは大人に刺さると思う」、ユカイも「大人が観て勇気づけられる。必ず愛される作品だと思う」と語った。

クーリー監督は「まさにそのとおり。皆さんのコメントに胸を打たれました。作品への大きな愛を感じましたし皆さんに関わっていただき光栄です」と感極まっていた。

さらにこの日は、劇中に登場する手作りおもちゃのフォーキーをキャスト陣で制作することに。巨大な先割れスプーンが登場し、唐沢や所、竜星らがフォーキーの顔や手などを作り上げていく。

所がリーダーシップを発揮し、苦戦しながらも全員で作り上げ、まさに世界でたったひとつのオリジナルフォーキーが完成! 竜星は「フォーキーは手作りおもちゃですから、オリジナルで作るのはいいですね」と言い、唐沢も 「目の位置で顔つきが変わっちゃうから難しい。でも自分で作ると面白いよね」と出来栄えに大満足だったようだ。所は「大人6人が真面目に作ってこれですよ(笑)。子どものほうがよく作れるとか言わないでね」と会場から笑いを誘った。

そして最後に唐沢は「『トイ・ストーリー』の新しい世界が始まる作品です。ぜひご家族で楽しんでください」、クーリー監督は「この映画に はたくさんの愛を込めて制作しました。ぜひご家族や友人と一緒に楽しんでほしいです」と日本のファンに向けてメッセージを寄せた。

おなじみのキャラクターたちは、いったいどんな活躍を見せるのか? そして、その中心となるウッディは物語の結末でどんな決断を下すのか? 『トイ・ストーリー』史上最大の奇跡が、ついに幕を開ける。

映画情報
『トイ・ストーリー4』
7月12日(金)全国ロードショー
監督:ジョシュ・クーリー
日本版声優:唐沢寿明、所ジョージ、戸田恵子、竜星涼、新木優子、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画『トイ・ストーリー4』作品サイト
https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html

最終更新:6/28(金) 16:23
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事