ここから本文です

台風3号 すでに関東の東へ 引き続き前線や湿った空気で大雨警戒

6/28(金) 10:16配信

ウェザーニュース

 6月28日(金)9時現在、台風3号(セーパット)は房総半島の南東を進んでいます。中心付近の最大風速は20m/sで、強風域に入っている所はほとんどなくなりました。台風は今後も東北東に進んで、まもなく温帯低気圧に変わる見込みです。

▼台風3号 6月28日(金)9時現在
 存在地域   銚子市の南東約100km
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     東北東 55 km/h
 中心気圧   994 hPa
 最大風速   20 m/s
 最大瞬間風速 30 m/s

前線や湿った空気の影響で大気の状態が不安定

 台風が去っても「台風一過の青空」とはならず、暖かく湿った空気がの影響で大気の状態が不安定となっていて、雨雲が発達しやすくなっています。このため、西日本や東日本では曇りのところが多く、急に強い雨が降る可能性もあります。空模様の変化に注意してください。

 特に九州では午前中、局地的に激しい雨が降るところがあるため、河川の増水や土砂災害等に十分注意してください。

 また、暖かな空気が流れ込んでいることで、気温が高く不快な蒸し暑さとなるところが多くなります。予想最高気温は、東京で31℃、名古屋や大阪で30℃となっています。体調の管理にもご注意ください。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風3号のセーパット(Sepat)は、マレーシアが提案した名称で、淡水魚の名前です。

ウェザーニュース

最終更新:6/28(金) 10:16
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事