ここから本文です

「警視庁ゼロ係」最新シーズンが7月19日よりスタート 斉藤由貴らが新レギュラーに

6/28(金) 18:06配信

トレンドニュース(GYAO)

テレビ東京系「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」の新シーズンが、7月19日20時より放送開始する(初回放送は2時間SP)。今回の第4シーズンから、斉藤由貴、吉田栄作、中野裕太、宮川一朗太が新たにレギュラー出演することが決定し、また人気を集めそうだ。

「警視庁ゼロ係」過去シーズンを無料配信中>>

「警視庁ゼロ係」は、厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署の“なんでも相談室”、通称ゼロ係を舞台にした刑事ドラマ。空気は読めないのに事件は読める“究極のKY刑事”・小早川冬彦(小泉孝太郎)と、男まさりで口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の迷コンビが、ゼロ係のメンバーとともに難事件を解決していく。

真反対のキャラクターをした冬彦と寅三の凸凹ぶりが人気の同ドラマもついに第4シーズンに突入。ノンキャリアながら抜群の捜査センスで難事件を解決してきた警視庁の管理官・小田島龍美(斉藤由貴)、正義感あふれる警視庁の刑事部部長・前川俊也(吉田栄作)、“吸血鬼”という異名を持つ神沼洋(中野裕太)、警視庁捜査一課の叩(たた)き上げ刑事・今川兵馬(宮川一朗太)といった個性豊かなキャラクターたちが今シーズンから新たに登場することが決定した。

斉藤由貴は、「企画書を拝読した時、私のいただいた役がとても独特なキャラクターなので、これはやり甲斐(がい)があると思いましたし、すぐさまどんな風に演じたら面白いだろうと、ビジュアルも含め、あれこれ想像が膨らみ、ワクワクしています」と番組公式サイトにコメントを寄せている。「真面目な印象なのに、実はアドリブもたっぷりで自由自在に冬彦さん役をわが物にしている小泉孝太郎さんをはじめ、既に3シーズンもともに過ごしてきて出来上がった、アットホームなチームの中に入っていくのはちょっと勇気のいる事ですが、そのファミリーに、今回、私なりの新風を吹き込めたら、と願っております」と意気込みを語っており、寅三の天敵としてドラマを引っかきまわしてくれそうだ。

第4シーズンでゼロ係が挑む謎のひとつが、“平成のヴァンパイア”の異名を持つ殺人鬼による事件。徐々に警察内部を揺るがす騒ぎへと発展していき、役立たずの集まりであるはずのゼロ係が「警察とは? 正義とは何か?」という問いに真っ向から挑む。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:6/28(金) 18:06
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事