ここから本文です

『なつぞら』山田裕貴の夢を認めた安田顕の言葉にネット涙

6/28(金) 12:13配信

クランクイン!

 広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第13週「なつよ、“雪月”が大ピンチ」(第77回)が28日に放送され、菓子職人の雪之助(安田顕)が、息子・雪次郎(山田裕貴)俳優になる夢を認めたシーンに、ネット上には「お父さんの言葉に鳥肌立った」「ほろり」「朝から泣く」などの声が寄せられた。

【写真】涙を流す山田裕貴…『なつぞら』第77回を振り返る


 雪之助(安田)から、雪次郎(山田)に雪月を継がせたい理由を聞いたなつ(広瀬)。なつも家族に対する思いを雪之助に伝える。その後、なつたちが風車を訪れると、とよ(高畑淳子)と咲太郎(岡田将生)が酒を酌み交わし陽気に歌っていた。その2日後、風車に呼び出された雪次郎は、雪之助にあるものをつくるように言われ…。

 雪之助は、川村屋で借りてきたという調理道具を雪次郎に見せると、川村屋での修行の成果を試すためバタークリームのケーキを作るように指示する。雪之助は「みんなが満足したら合格だ」と話し、自分を含めてその場にいるなつや亜矢美(山口智子)、妙子(仙道敦子)を味で納得させるように促す。雪之助のこの提案に、雪次郎が「わかった!」と応じると、SNS上には「頑張れ雪次郎!!」「雪次郎まじめにやってたよ!がんばるよ!」などの励ましの声が寄せられた。

 風車にオーブンがないことから、厨房(ちゅうぼう)にあったフライパンで薄い生地を作り、バタークリームと合わせてロールケーキにアレンジした雪次郎。出来上がったケーキを食べると、なつたちは口々にその味を絶賛。

 ケーキを一口含んで、目をつむって味わっていた雪之助は、目を開き息子を見つめると「雪次郎、何をするにもこれぐらいやれ。これぐらい努力しろ。これぐらい一生懸命頑張れ!」とエールを送る。そして、雪之助は続けて「あきらめる時は清くあきらめぇ。あきらめて帯広へ戻って来い。お前にはよぉ、お前の生まれた場所があるんだ」と優しい言葉をかける。

 雪之助がみせた、演劇に身を投じようとする雪次郎への励ましと気遣いにネット上には「お父さんなりのエール」「帰って来いって言える父ちゃん優しい」「うぉ。お父さんの言葉に鳥肌立った」などの声が殺到。さらに雪之助に扮した安田の熱演に「ほろり」「泣けますって」「ヤスケンに泣かされっぱなし」「朝から泣く」などのツイートも上がっていた。

最終更新:6/28(金) 12:13
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ