ここから本文です

C&K NHKホールにて、デビュー12年目、異例のコンベンションライブ開催「みんなで紅白行くぞー!!」ドレスコード紅白でファン3,500人集結

6/28(金) 11:35配信

E-TALENTBANK

CLIEVYとKEENからなる男性二人組シンガーソングライターユニットC&Kが、6月27日(木) 東京・NHKホールにて、スペシャルワンマンライブ「コンベンションライブ ~見てくれ!好きか嫌いか言ってくれ!同情するなら尺をくれ!!!~」を開催。

昨年、10周年記念ライブを横浜アリーナで成功させ、20周年へと向かう今、彼らが選んだステージは、以前から彼らの目標のひとつである紅白歌合戦が行われているNHKホール。そして、その目的を“コンベンションライブ”とした。一般的にコンベンションライブとは、デビューの時などに音楽関係者を招待して行うライブだが、節目の年を終えた今だからこそ、初心に戻り、C&Kの最大の魅力であるライブをオーディエンスと共に音楽業界、メディア関係者にデビュー後に伝えるという異例のスペシャルライブを行った。

今回のライブでは、オーディエンスが盛り上がる姿も大切なプレゼンテーションと考え、お客さんも全員が出演者という重要なポジションの為、ドレスコードが事前に告知された。ドレスコードは赤と白。会場には赤と白でコーディネートしたファッションのオーディエンス3,500人が集結した。

更には、入場時に赤白帽が配布され、開演時刻が近づくと客席全体が赤と白で埋め尽くされた。

オープニングはコンベンションライブという事で、彼らが所属するレーベル、ユニバーサルミュージック/EMI Records代表の岡田武士氏の挨拶で開幕。最新アルバム「TEN」の収録曲「C&K Ⅹ」からライブをスタートし、先輩・九州男とのコラボレーション曲「MICHI with 九州男」、バラードの名曲と各所で絶賛された代表曲「Y」、どんな会場でもオーディエンスとひとつになって盛り上がるC&Kのライブには欠かせない「終わりなき輪舞」、自身初のドラマ主題歌に起用され広く話題となった「ドラマ」等、本編で23曲を披露。

アンコールでは白組を意識し白のスーツで登場。最高潮に盛り上がった客席に向かって「みんなで紅白行くぞー!!」と、紅白出場の夢をNHKホールのステージの上から改めて宣言した。最後に、8月7日に発売となるニューシングル「嗚呼、麗しき人生」披露。「嗚呼、麗しき人生」はライブで約1年あたため成長させた楽曲で、このコンベンションライブを企画した想いと同様に、20周年に向けての決意表明ともいえよう作品となっている。

本編、アンコール含め、全30曲、約3時間のステージの中で、多才かつジャンルレスな音楽性、圧倒的なボーカル力、エンターテイメント性溢れるパフォーマンス、ファンとの絆、彼らの魅力の全てをプレゼンテーションした“期待の新人12年目”C&Kの今後の活躍に更なる期待が高まる。

■リリース情報
Single「嗚呼、麗しき人生」
2019.8.7 Release
初回限定盤[CD+DVD】 ¥1,800(+tax) UPCH-89414
通常盤[CD】¥1,200(+tax) UPCH-80521

収録曲
1.嗚呼、麗しき人生
2.C&K XI
3.走りだせ
4.嗚呼、麗しき人生(Instrumental)

初回限定盤DVD収録内容
・嗚呼、麗しき人生 Music Video
・嗚呼、麗しき人生 Music Video (1Cam ver.)
・嗚呼、麗しき人生 Music Video メイキング

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/28(金) 11:35
E-TALENTBANK

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事