ここから本文です

ブンデスが19-20シーズンの日程発表! 第5節、第6節、第7節で日本人対決の可能性も

6/28(金) 19:49配信

ゲキサカ

 ブンデスリーガは28日、2019-20シーズンの試合日程を発表した。8月16日の開幕戦では昨季王者のバイエルンとヘルタ・ベルリンが対戦する。

 残り8試合は17、18日に開催され、MF香川真司が所属するドルトムントはアウクスブルクと、MF長谷部誠とFW鎌田大地が所属するフランクフルトはホッフェンハイムと相まみえる。FW大迫勇也が所属するブレーメンはデュッセルドルフと対戦する。

 香川を始め、日本人選手の加入や退団の可能性はあるが、現段階での直近の日本人直接対決は第5節にフランクフルト対ドルトムントが、第6節にドルトムント対ブレーメンが、第7節にはフランクフルト対ブレーメンが予定されている。

以下、開幕戦の対戦カード

8月16日(金)
バイエルン vs ヘルタ・ベルリン
8月17日(土)、18日(日)
ドルトムント vs アウクスブルク
レバークーゼン vs パダーボルン
ボルシアMG vs シャルケ
ボルフスブルク vs ケルン
フランクフルト vs ホッフェンハイム
ブレーメン vs デュッセルドルフ
フライブルク vs マインツ
ウニオン・ベルリン vs ライプツィヒ

最終更新:6/28(金) 19:51
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事