ここから本文です

千原せいじ、吉本興業の“闇営業”問題は「一回、誰かが整理せな」

6/29(土) 17:18配信

オリコン

 お笑いコンビ・千原兄弟の千原せいじが29日、都内で自著『プロに訊いたら驚いた!ニッポンどうなん?』(ヨシモトブックス)の発売記念イベントを行った。吉本興業所属芸人の闇営業報道について「いろんな話がごちゃごちゃになっている。誰かが一回、整理せな。それは僕ではないけれど」と、収束の兆しが見えない一連の騒動を案じた。

【写真】闇営業問題について持論を述べた田村淳

 さらに「元々、誰が言い出したか分からんけど『闇営業』という名前がセンスがない。我々は『直(営業)』と言っていたし、関東の方では『アルバイト』と言っていたみたい。『闇営業』だと“闇社会から仕事”みたいな風に勘違いしてる人も多いと思う」と首を傾げる。

 報道陣からの「直営業に行ったことはある?」との声には「そりゃありますよ、全然。友達の会社のパーティーとか行きますやん。結婚式来てくれとか。それも闇営業? 友達の結婚式を闇営業って言うの?」と持論を述べた。

 同書は、せいじが、経済学者や軍事アナリスト、カジノ研究者などの専門家に「結局、年金ってもらえるの?」「日本ってアメリカの言いなりでしょ?」「自衛隊のレベルは世界と比べてどうなん?」「日本人って、なんで成功した人を叩くん?」「カジノの何がダメなんですか?」といった素朴な疑問をぶつけ、日本の矛盾に迫る。

 完成版を手に「直営業の話題は、社会を生きていく上で何の役にも立たない。この本は、役に立つ情報がまあまあ入ってます。読んでください」とアピールしていた。

最終更新:7/1(月) 6:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事