ここから本文です

海辺にハマユウ 芳香ある白い花咲かす、紀南

6/29(土) 16:45配信

紀伊民報

 和歌山県紀南地方で、ハマユウ(ハマオモト)が芳香のある白い花を咲かせている。

 海辺に生えるヒガンバナ科の常緑の多年草。花が木綿(ゆう)に似ていることが名前の由来といわれる。

 新宮市三輪崎にある孔島では、同市の花でもあるハマユウが群生。ハマユウの他にも、ノアサガオなどさまざまな植物が自生し「久嶋(孔島)鈴島植物群落」として市の天然記念物に指定されている。7月が盛りで、8月中旬まで見られるという。

紀伊民報

最終更新:6/29(土) 16:45
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事