ここから本文です

帰宅でバスに乗るため5分早退、上司の許可得ず147回 川口市教委、男性主査を処分 市民が指摘

6/29(土) 7:42配信

埼玉新聞

 埼玉県川口市の川口市教育委員会は28日、北スポーツセンター(同市道合)に勤務する男性主査(41)を28日付で減給10分の1、1カ月減給の懲戒処分をしたと発表した。

<川口いじめ>ずさん放置…裁判で市が開示すると明かした「いじめ記録」、約1カ月経つも元生徒に届かず

 市教委によると、主査は2018年1月10日から19年2月26日までの間、早番勤務は勤務時間が午前8時半~午後5時15分なのに、終業時刻の5分前に計147回にわたって上司の許可を得ず無断で早退していた。

 5分早く早退していたのは、帰宅のため近くのバス停から5時20分発のバスに乗るためだった。

 今年2月ごろ、市民からの手紙で「いつもバス停にいるのはおかしい」などという指摘があり、市教委で調べていた。主査は「二度といたしません」と反省の言葉を述べているという。

 茂呂修平教育長は同日「このようなことのないよう、教育局職員による綱紀の粛正、法令順守意識の向上に努めていく」とコメントを出した。

最終更新:6/29(土) 7:42
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事