ここから本文です

首位・F東京が4得点で横浜FMとの天王山制す...永井&ディエゴが躍動

6/29(土) 21:42配信

SPORT.es

29日(土)、19:00より明治安田生命J1リーグ第17節、FC東京対横浜F・マリノスの試合が味の素スタジアムで行われ、
4-2でホームの東京が勝利した。

レアル久保 トップチームに合流へ...ジダンの要望か!?

試合は、立ち上がりからお互いにゴールに迫るシーンを作る。

14分にはコーナーキックから東京のDF小川諒也が頭で合わせるもこれは横浜のGK朴一圭正面。

するとその直後にアウェイチームが試合を動かす。
15分、右サイドからのクロスのこぼれ球を横浜のFWマルコス・ジュニオールがつめて、先制。(0-1)

しかし、東京はすぐさま追いつく。
17分、左サイドのMFナ・サンホがカットインしてシュートを放つ。これを横浜のGK朴一圭が処理しきれず、ボールはゴールに吸い込まれ、同点弾となった。(1-1)

勢いに乗ったホームの東京は逆転に成功する。
38分、ロングフィードから永井謙佑が抜け出すと、GK朴一圭の頭上を越す見事なループシュートで逆転弾をマーク。(2-1)

その後、40分過ぎに横浜がゴールネットを揺らすもこれはオフサイドの判定でノーゴールに。
前半はこのまま2-1で折り返した。

後半に入ると東京がさらに突き放す。
55分、永井謙佑のクロスをFWディエゴ・オリヴェリラが頭で押し込んだ。(3-1)

62分には永井が抜け出し、シュート放つと、最後はこぼれ球をディエゴ・オリヴェリラが押し込み、4点目をマーク。(4-1)

永井とディエゴのコンビで横浜に3点差をつける。

しかし、横浜も意地を見せる。
83分、クロスからこぼれたボールをFW仲川輝人が押し込み、1点を返す。

その後、マリノスが猛攻を仕掛けるも結局試合はこのまま終了。(4-2)

首位の東京が2位横浜との天王山を制す形となり、明治安田生命J1リーグ前半戦を首位で終えた。

【FC東京のメンバー】

(先発)
GK33 林 彰洋
DF2 室屋 成
DF3 森重 真人
DF20 チャン ヒョンス
DF25 小川 諒也
MF8 高萩 洋次郎
MF10 東 慶悟
MF17 ナ サンホ
MF18 橋本 拳人
FW9 ディエゴ オリヴェイラ
FW11 永井 謙佑
(控え)
GK13 波多野 豪
DF6 太田 宏介
DF32 渡辺 剛
MF39 大森 晃太郎
MF45 アルトゥール シルバ
FW21 ユ インス
FW23 矢島 輝一

【横浜F・マリノスのメンバー】
(先発)
GK1 朴 一圭
DF5 ティーラトン
DF13 チアゴ マルチンス
DF33 和田 拓也
DF44 畠中 槙之輔
MF8 喜田 拓也
MF9 マルコス ジュニオール
MF10 天野 純
FW11 遠藤 渓太
FW23 仲川 輝人
FW30 エジガル ジュニオ

(控え)
GK31 杉本 大地
DF4 栗原 勇蔵
DF18 広瀬 陸斗
MF7 大津 祐樹
MF14 山田 康太
MF41 三好 康児
FW38 山谷 侑士

(文:SPORT)

最終更新:6/30(日) 0:02
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事