ここから本文です

片寄涼太が声優に初挑戦!今注目の歌詞ランキング1位は、GENERATIONSが歌うアニメーション映画『きみと、波にのれたら』主題歌

6/29(土) 17:45配信

E-TALENTBANK

歌詞検索サービス「歌ネット」が、6月27日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にGENERATIONS from EXILE TRIBEの「Brand New Story」が輝いた。前週の3位から順位を上げ、首位に君臨。同曲は、2019年7月17日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、片寄涼太が声優に初挑戦したアニメーション映画『きみと、波にのれたら』の主題歌。歌詞には<同じ波は二度とやって来ることはないから 今ここにいることを噛みしめて向き合ってゆこう>など、踏み出すことを恐れず、期待に胸を膨らませながら生きていこうとする姿勢が描かれている。

2位には、TWICEの「Breakthrough」が初登場。2019年7月24日にリリースのJAPAN 5th SINGLEタイトル曲。さらに5位には、7月17日リリースのJAPAN 4th SINGLEタイトル曲「HAPPY HAPPY」もランクイン。両作は、太陽と月という2つの相反する【光】をコンセプトにしている。そのため「HAPPY HAPPY」はカラフルで爽やかな“夏の昼”を表現した“太陽”がモチーフに。一方「Breakthrough」は、日本の作品では今までになかったクールな“夏の夜”を表現した“月”をモチーフとしている。

4位には、WANIMAの「夏のどこかへ」が初登場。2019年7月17日にリリースされる5thシングル『Summer Trap!!』の収録曲であり、すでに3月よりTV-CMが放送され話題となっている、広瀬すず出演の三ツ矢サイダー2019CMソングだ。彼ららしいパワフルで勢いのある楽曲と、歌詞に込められている<言葉は想いが全部 間違わずに 残りますように>といったメッセージ性の強さが魅力の1曲である。

6位には、そらるの「海中の月を掬う」が初登場。2019年7月17日にリリースされる3rdアルバム『ワンダー』のリード曲であり、日本テレビ系『バズリズム02』7月オープニングテーマに決定している。本人は同曲について「海中の月を掬うは、藻掻(もが)いても届かない沈んだ心の心情を深海の月になぞらえて書いた楽曲になっています」とコメント。まずは歌詞で、その幻想的な世界観をご堪能いただきたい。

7位には、上白石萌音の「永遠はきらい」がランクイン。2019年7月10日にリリースされるミニアルバム『i』収録曲であり、作詞をYUKI、作曲をn-buna(ヨルシカ)が担当している。【思わせぶりな恋】をテーマに制作された本楽曲。YUKIによる<頬につく ごはんの粒 直接 今なら 食べてもいいよ>などの“意地悪で、可愛くて、ツンとして、デレる”歌詞と、それを表現する上白石萌音の歌声に注目だ。

■2019年6月27日付、歌ネット注目度ランキング
1位 Brand New Story/GENERATIONS from EXILE TRIBE
2位 Breakthrough/TWICE
3位 Oh difficult ~Sonar Pocket×GFRIEND/Sonar Pocket
4位 夏のどこかへ/WANIMA
5位 HAPPY HAPPY/TWICE
6位 海中の月を掬う/そらる
7位 永遠はきらい/上白石萌音
8位 SHOOT IT OUT/GENERATIONS from EXILE TRIBE vs THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
9位 DiSTANCE/BiSH
10位 LOST/宇野実彩子 (AAA)

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/29(土) 17:45
E-TALENTBANK

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事