ここから本文です

医療機器事業に参入 前田工繊、子会社を設立

6/29(土) 2:24配信

北國新聞社

 前田工繊(坂井市)は医療事業に参入した。21日付で医療機器を扱う完全子会社MDKメディカル(同)を設立した。第1弾として、スイスのベンチャー企業に約22億円を出資し、同社が開発した医療機器を日本国内で独占販売する。28日、福井市内で会見した前田征利会長は「第4の柱として500億円の売り上げを目指す」と語った。

 新会社の会長に前田会長、社長に古瀬和宏前田工繊ヘルスケア事業担当が就き、両氏が代表権を持つ。資本金は1億円。将来はM&A(企業の合併・買収)などを通して扱う商品を増やし、開発や製造も行う。

 前田工繊はスイスのメドアライアンス社の株式の12・5%を取得した。29日に新会社とメド社が独占販売契約を結ぶ。メド社は狭くなった血管を拡張するカテーテルのバルーンに薬剤を塗った医療機器「セルーション」を開発。新会社は2020年から臨床試験を実施し、22年の発売を目指す。

北國新聞社

最終更新:6/29(土) 2:24
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事