ここから本文です

柏が苦手NDスタで初勝利! 首位山形は10戦ぶり黒星で2位との勝ち点差が4→3に

6/29(土) 20:57配信

ゲキサカ

[6.29 J2第20節 山形0-1柏 NDスタ]

 J2第20節が29日に行われ、6位柏レイソルは敵地で首位モンテディオ山形に1-0で勝利した。決勝ゴールは前半アディショナルタイム2分に生まれたDF鎌田次郎のヘディング弾。柏は3月以来の連勝を飾り、4位に順位を上げた。一方、首位の山形は他会場で2位大宮が1ポイントを積み上げたため、勝ち点差が4から3に縮まっている。

 9戦無敗(6勝3分)で首位を快走する山形は、前節・長崎戦(2-1)から3人の先発メンバーを入れ替え、DF野田裕喜、MFアルヴァロ・ロドリゲス、FWジェフェルソン・バイアーノをスタメン起用。対する柏は前節・千葉戦(2-0)と同じ11人で挑んだ。

 山形とのリーグ戦のアウェーゲームで過去1分4敗と一度も勝てていない柏だったが、MFクリスティアーノを中心に開始から次々と相手ゴールを襲っていく。

 均衡を破ったのは前半アディショナルタイム2分。左CKからキッカーのMF菊池大介が右足で低いクロスを蹴り込むと、ニアに入った鎌田が頭でコースを変え、ゴール右に決める。鎌田は16試合ぶりとなる今季2点目を挙げた。

 ビハインドの山形は後半7分にFW大槻周平を下げ、ここ3試合で5ゴールを記録しているFW阪野豊史をピッチへ送り出す。これに伴い、3-4-2-1からJ・バイアーノと阪野を2トップにした3-3-2-2に変更した。

 続けて後半13分にA・ロドリゲスとMF南秀仁、同24分に野田とMF井出遥也を交代し、早くも3枚のカードを使い切る。しかし、最後まで柏のディフェンスを攻略できず、0-1で終了のホイッスル。10試合ぶりの黒星を喫し、2位大宮との勝ち点差が3に縮まった。

最終更新:6/29(土) 21:00
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事