ここから本文です

エリクセンのレアル加入高まる...マドリードでの家探しを目撃される

6/30(日) 8:34配信

SPORT.es

クリスティアン・エリクセンはレアル・マドリーの次の新加入選手となるかもしれない。トッテナムの首脳陣は引き留めに尽力しているが、デンマーク人MFは日に日にクラブ・マドリディスタ加入に近づいているようだ。

エリクセンはレアル移籍へ意欲的「ステップアップになる」

交渉が続く中、『The Times』は29日(土)、クリスティアン・エリクセンの家族が既にマドリードに滞在し、家を探していると報じた。

同イギリス紙の報道によると、エリクセンの家族はこのデンマーク人選手が今夏、移籍先となりえるマドリードで家を探しているところを目撃されたという。

27歳のエリクセンは過去にも公の場でレアル・マドリーと契約を結ぶためにトッテナムを離れる事に関心を示していた。

ユヴェントス入りが有力視されているポール・ポグバのオプションが遠ざかり、エリクセンのレアル・マドリー加入の可能性は、ますます高まっているが、トッテナム・ホットスパーの幹部達は交渉において妥協する気はない。

トッテナムはエリクセンの契約が残り1年であるにもかかわらず、同選手の移籍金を約1億ユーロ(約120億円)と査定しており、レアル・マドリーと最後まで戦うつもりのようだ。

SPORT

最終更新:6/30(日) 8:34
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事