ここから本文です

ロックバンド・RAISE A SUILEN、ボーカルの意外な音楽遍歴「元はR&Bシンガー」

6/30(日) 1:40配信

ニッポン放送

今月3rdシングル『Invincible Fighter』を発売したロックバンド・RAISE A SUILENのRaychellと小原莉子が、ラジオ番組『ミューコミプラス』に出演し、Raychellが自身の音楽遍歴について語った。

普段は滑舌が非常に悪い人気女性声優とは?

『月刊ブシロード』で連載された漫画を元にしたメディアミックス作品『BanG Dream!』(バンドリ!)から生まれたロックバンド・RAISE A SUILEN。Raychell、小原莉子、夏芽、倉知玲鳳、紡木吏佐の5人からなるこのバンドだが、ベースとボーカルを担当しているRaychellには、意外な音楽遍歴があるという。

吉田尚記アナウンサー:Raychellさんは元々シンガーとして活動していて、バンドリ!に参加する前からゴリゴリのロック畑にいたんですよね?

Raychell:私、元々ロックじゃなくてR&B出身なんですよ

吉田:ええー!? いろんな引き出しがありすぎる!

Raychell:ロックは本当に最近なんです

小原:Raychellさんが(RAISE A SUILEN以外で)ソロで歌う曲は、けっこう柔らかい歌い回しの曲もあったりするんですよ。RAISE A SUILENでのRaychellさんの歌い方は、RAISE A SUILENにしかないものを感じます

吉田:RAISE A SUILENではベースとボーカルをやっていますけど、R&Bでベースボーカルってそんなにいます……?

Raychell:あまりいないですね。R&Bの頃は、私もベースではなくシンガーとしてマイク1本で歌っていました。ベースは、アニメ『カードファイト!! ヴァンガードG NEXT』のエンディングテーマを歌わせていただいたんですけど、それがロック調の曲だったので、その頃にベースを持ち始めました。2016年頃ですかね

吉田:ちょっと待って……どちらかというと初心者ってことですか!? 僕はライブでのRaychellさんを見ていて、「20年くらいロックでベースボーカルをやっている方なんだろうな」と勝手に思っていました。貫禄がすごくて。なんであんなに堂々とできるんですか?

Raychell:それはもうメンバーがいるからですよ!

ステージ上では客席に向かって「お前らかかってこい!」と叫ぶなど、ロックシンガーとして堂々としたパフォーマンスを見せるRaychell。しかしその一方、内心では「ドキドキしている」と意外な一面があることを告白した。そんなRaychellのことを小原は、「意外と繊細でナイーブなところが可愛い」と感じていることを明かした。

(6月20日(木)深夜放送 ニッポン放送『ミューコミプラス』より)

ニッポン放送

最終更新:6/30(日) 1:40
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事