ここから本文です

【ホンダF1】F1復帰後初勝利に八郷社長「F1はホンダのDNA。“The Power of Dreams”を体現できた。チャンピオン目指し挑戦続ける」

7/1(月) 6:07配信

TopNews

F1オーストリアGP決勝レース(レッドブルリンク)で13年ぶりに優勝を果たしたホンダが、八郷隆弘社長(本田技研工業株式会社 代表取締役)のコメントとともに以下のプレスリリースを公開した。

●【F1ハイライト動画】レッドブル・ホンダ初優勝の瞬間!白熱のレースは見応え十分!/F1オーストリアGP

■Honda F1、オーストリアグランプリで2015年復帰後の初勝利

 2019年シーズンのFIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)において、6月30日に開催された第9戦オーストリアグランプリの決勝で、Hondaのパワーユニット「RA619H」を搭載したマシンを駆る、Aston Martin Red Bull Racing(アストンマーティン・レッドブル・レーシング)のマックス・フェルスタッペン選手が優勝を果たしました。

 この勝利はHondaとして2015年のF1復帰以降初、通算では2006年8月のハンガリーグランプリ以来13年ぶり73度目のグランプリ制覇となります。

■八郷隆弘社長(本田技研工業株式会社 代表取締役)のコメント

― 勝利を支えて下さった皆様に感謝を

 ついにF1での優勝を果たすことができました。2015年の復帰以降の道のりを考えると、大変感慨深く、また心からの喜びを感じています。

まず、勝利を勝ち取ったマックス・フェルスタッペン選手とアストンマーティン・レッドブル・レーシングに感謝いたします。

また、これまでHondaのF1プロジェクトに対し多大なるサポートを頂いた各ドライバーやスクーデリア・トロロッソは言うまでもなく、サプライヤー様や関係者の皆様も含め、支えてくださったすべての方々に、御礼を申し上げます。

― 夢に向かって、これからもファンの皆様とともに

 そして、どんなときも熱い応援を送ってくださるファンの皆様へ、心からの感謝をお伝えしたいです。皆様の応援は、夢に向かって走る私たちを力強く後押ししてくれるエネルギーです。これからも皆様とともに挑戦し、喜びを共有したい、そう考えています。

― 走り続けることでしか、叶えられないことがある

 HondaにとってF1は創業者の夢であり、大切なDNAの一つです。この5年間、開発やレースの現場では、数多くの困難に直面してきました。自分たちの力を信じ、諦めずに走り続けてきた従業員たちの努力がこうして実を結んだことを考えると、万感の想いです。私たちHondaの“The Power of Dreams”を一つ、体現することができました。

 今日の勝利を第一歩として、最終目標であるシリーズチャンピオンを目指し、私たちはさらに一丸となってチャレンジを続けていきます。これからも引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします。

最終更新:7/1(月) 6:10
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事