ここから本文です

サニブラウン 米挑戦は“開拓者”としての思い「道を築いてあげられたら」

7/1(月) 17:49配信

デイリースポーツ

 日本陸上連盟は1日、福岡市内で9月に開幕する世界選手権(カタール、ドーハ)のトラック&フィールド代表選手発表会見を行った。前日まで行われた日本選手権などで内定した10人(男子6人、女子4人)を選出。男子100、200メートルで2年ぶりの2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=、女子やり投げの北口榛花(21)=日大=らが選ばれた。残る選手たちは参加標準記録の有効期間である9月6日までの世界ランキングなどにより選考する。

【写真】サニブラウンの首、肩回りがゴツい!!代表選手と並んでも際立つ!!

 今大会で1年半ぶりの帰国となったサニブラウンは、現在の米国での生活などについても語った。フロリダ大ではスポーツマネジメントを学んでいる。将来的な夢の1つも明かした。「1つ頭にあるのは、スポーツエージェントをやってみたいという思いはあります。陸上を通して、米国と日本、欧州などの架け橋になりたい」。現在の陸上界では「海外のエージェントとコミュニケーションをとらないと大会に出られない」という。その上で「もっと便利にできればなと。自分が苦労したので。誰かがやってくれるのを待つのではなく、自分でできればなと」と、思い描いた。

 高校卒業後、米の大学に進学。“開拓者”としての思いもある。当初は「本当に海外に出たのは興味本位」だったという。「日本では前例のない挑戦。どんなものだろうと思っていたけど、やっていい思いをしているので、ぜひ体験してもらいたい。陸上だけじゃなく勉強も大変だけど、視野が広がった」と自身の経験から語った。

 同じく高校卒業後に米の大学に進み、日本人で初めてNBAドラフト1巡目指名を受けた八村塁についても「八村さんを知ったのはついこの間ではあるんですけど」としつつ「すごいことですし、成功している。自分だけじゃなく、色んな方面で頑張っている人がいるのは、競技は違うけどいい刺激になる」と話し、「下の世代が憧れだけじゃなく、自分もできると思って挑戦できる道を築いてあげられたら」と熱く語った。

最終更新:7/1(月) 18:03
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事