ここから本文です

3千株のヘメロカリス、本庄の交流施設・遊楽荘の花畑で見頃 切り花1日20本、女性限定で配布

7/1(月) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県本庄市児玉町元田の交流施設「遊楽荘」から300メートル北の花畑で、3千株のヘメロカリスが黄色や赤、オレンジ、白色などの花を咲かせ見頃を迎えている。

歴史感じる本庄のカフェ「NINOKURA」、こだわり料理は「豆ごぜん」 毎日楽しめ、季節感も演出

 花畑は遊休農地を利用した約4千平方メートル。地域の活性化を目的に花を植えた。へメロカリスはユリ科の多年草。ギリシャ語で「一日の美」を意味し、ユリの花に似ている。

 今季は例年通り6月初旬から開花し、見頃は7月中旬までという。

 遊楽荘ではへメロカリスの切り花を女性限定で1日20本配布している。

 問い合わせは、遊楽荘(電話0495・73・0011)へ。

最終更新:7/1(月) 10:30
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事