ここから本文です

電ファミにいったい何が起こった? TAITAI編集長×鳥嶋和彦×佐藤辰男×鵜之澤伸がラジオ「居酒屋でんふぁみにこげーまー」第1回に登場

7/1(月) 0:12配信

電ファミニコゲーマー

 電ファミニコゲーマーは、ゲストを呼んで緩い業界話をするラジオ「居酒屋:でんふぁみにこげーまー」の第1回「電ファミどうしてこうなったの?」を7月1日(月)20時より放送する。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 第1回に登場するのは、同ラジオコーナーのホスト役としても今後登場を予定しているTAITA編集長、鳥嶋和彦氏、佐藤辰男氏、鵜之澤伸氏の4名となっている。

 先の発表にもあったように、電ファミニコゲーマーは編集長TAITAIこと平 信一が個人的に事業を引き受ける形となった。加えて、「企業協賛プラン」やオンラインサロン「世界征服大作戦」といった新たなビジネスモデルも開始。また、押しかけアドバイザーとしてとして元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏らが 参加する。

 表面的な誌面こそ大きくは変わらないものの、7月から電ファミの運営体制は大きく変化するのだ。

 読者の方々や業界人からすれば、「電ファミニコゲーマーはなんでこうなったの?」と思わずにはいられないだろう。

 そこで、今回の第1回配信では、そんなエンターテイメント業界をまたにかける巨人たちが、なんで電ファミに押しかけて手伝ってくれるのか? てか、「世界征服大作戦」ってなんです? といった真相を語る回を実施したいと思う。ご興味がある方は、ぜひ聞いてみてほしい。

■ラジオ「居酒屋:電ふぁみにこげーまー」第1回概要
配信開始:7月1日(月)20:00- 予定
配信場所:電ファミニコゲーマーDiscordサーバー()
テーマ:「電ファミどうしてこうなったの?」
ホスト:鳥嶋和彦、佐藤辰男、鵜之澤伸、平信一

■どう聞けばいいの?
・Campfireのキャンペーンページに従いスタンダードプラン以上に加入してください。ユーザーの方と運営間での照合作業が終わると、Discordサーバー上のラジオチャンネルへのアクセス権が与えられます。
・電ファミニコゲーマーのDiscordサーバーに入り、左にあるチャンネル一覧を見てください。スピーカーのアイコンがついた「第1回 居酒屋電ファミ」チャンネルをクリックすれば配信時間からラジオを聞くことができます。また#のアイコンがついたチャンネルでは、ラジオを聞きながらテキストチャットで会話することが可能です。

・電ファミニコゲーマーのサーバーやDiscordの基本的な利用方法についてはこちらの記事をご覧ください。

※会員加入時の照合作業は手作業で進めております。そのため、配信直前や配信中にCmapfireのページから申請された場合は、ラジオ番組の終了までにDiscordサーバーでの会員加入が間に合わない可能性がございます。ご了承くださいませ。

※テキストチャットの過去ログ、アーカイブ音源はプレミアムプランの方以上への提供となります。

■登場者一覧

・鳥嶋 和彦
白泉社代表取締役会長。 『週刊少年ジャンプ』編集者として鳥山明、桂正和に代表される多くの漫画家を育成。『ジャンプ放送局』や『ファミコン神拳』などの企画ページも担当し、創刊編集長として『Vジャンプ』を立ち上げる。原稿を容赦なくボツにする“鬼の編集者”としても知られ、『Dr.スランプ』のDr.マシリト、『とっても!ラッキーマン』のトリシマンなど、『ジャンプ』連載作品に登場するキャラクターのモデルにもなっている。

・佐藤 辰男
KADOKAWA相談役。コーエーテクモホールディングス社外取締役。 玩具業界紙を発行する日本トイズサービスの記者として働くなか、『コンプティーク』の企画書が当時の角川書店専務・角川歴彦の目に留まる。2015年6月のKADOKAWA・DWANGO(現カドカワ)代表取締役会長、2017年6月のカドカワ取締役相談役を経て現職に至る。

・鵜之澤 伸
元バンダイナムコゲームス社長、元副社長。1981年に旧バンダイに入社し、ホビー部で「ガンプラ」や「ザブングル」といった玩具の営業・企画に関わった。1983年からはフロンティア事業部で映画やアニメのプロデュースを開始。以降、『機動警察パトレイバー』(TVシリーズ、OVA)や『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』など多数の作品をプロデュースする。

・平 信一
1977年10月10日生まれ。電ファミニコゲーマー編集長、およびニコニコニュース編集長。元々は、ゲーム情報サイト「4Gamer.net」の副編集長として、ゲーム業界を中心にした記事の執筆や、同サイトの設計、企画立案などサイトの運営全般に携わる。4Gamer時代は、対談企画「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」などの人気コーナーを担当。本サイトの方でも、主に「ゲームの企画書」など、いわゆる読み物系やインタビューものを担当している。

■オンラインサロン「世界征服大作戦」とは?

 ユーザー協賛プランのリターンとして展開されるオンラインサロンです。サロン内では、コンテンツ業界の有名人たちによるトーク番組や、開発者を招いてのイベントなど実施。これからの時代のコンテンツのありようや業界の未来を考えながら、よりコンテンツ盛り上げていく場を作っていければと。最初はゲームの話題を中心としながらも、将来的にはアニメやマンガなども含めた、エンタメ全般についての情報発信基地としていきたいと考えています。

 詳細はこちら。

電ファミニコゲーマー:ishigenn

最終更新:7/1(月) 0:12
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事