ここから本文です

路線価、九州7県の状況は 再開発とホテルラッシュ…改善の地域差は大きく(大型表付き)

7/2(火) 12:00配信 有料

qBiz 西日本新聞経済電子版

39年連続で九州の最高路線価を記録した「渡辺通り」=1日、福岡市・天神

 国税庁が1日発表した2019年分の路線価で、全国約32万9千地点(標準宅地)の対前年平均変動率は1・3%プラスとなり、変動率の調査を始めた1992年以降、初めて4年連続上昇した。訪日外国人客の増加や低金利の長期化を背景に、不動産投資が地方にも広がりつつあり、大分県が27年ぶりにプラスに転じたほか、福岡県は3・6%増で4年連続上昇した。

  本文:2,872文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込162
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

qBiz

最終更新:7/2(火) 12:08
qBiz 西日本新聞経済電子版

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る