ここから本文です

欅坂46が今ほしいものは?イオンカード発表会で熾烈な“争奪戦”

7/2(火) 14:10配信

音楽ナタリー

欅坂46の小林由依、菅井友香、土生瑞穂、守屋茜、渡邉理佐が本日7月2日に東京・新宿KeyStudioで行われた「イオンカード 欅坂46 新キャンペーン発表イベント」に登場した。

【写真】欅坂46(メディアギャラリー他28件)

欅坂46は昨日7月1日にスタートしたイオンカードの「最大20% キャッシュバックキャンペーン」のキャンペーンキャラクターに就任。イベントに登壇した5人は7月6日(土)から全国で放送されるキャンペーンのテレビCMに出演する。このCMは3月にオンエアされた欅坂46出演の「イオンカード」CMの続編にあたるもので、かつて夢見た自分と未だに何者でもない自分とのギャップに悩みながらも、そんな自分を認めることで夢に一歩近付く5人の姿が描かれる。土生は「前回はモデルを目指していましたが、今回はモデルになれて、その活動をがんばっている女性です」と自身の役柄を説明して「もう1つの人生を経験できた気がしました」と感想を語り、カメラマンを演じた渡邉は「CMを観た方が『背中を押してもらった』と思ってくれるようなものになっていたらいいなと思います」と続く。今回のCMから登場する守屋は「初めて社会人という設定で、プレゼンをするシーンを撮りました。そこで長いセリフを覚えたんですけど、それだけで緊張したので……実際にプレゼンをするのは大変なんだなって、体験することができました」と撮影を振り返った。

また、司会者が欅坂46に入った当初と今を比べての変化をメンバーに問うと、菅井は「最初は目の前のことに精一杯で新しい環境に慣れるのが大変だなと思っていたけど、最近は2期生も入ってきて新しい欅坂46が生まれているし、前向きに活動できていると思います」と返答。小林は「周りの方から『大人っぽくなったね』と言われるようになって、時の流れを感じます」と語った。

トークセッションの中では、「20%のキャッシュバックがあったら、今一番欲しいものは?」という質問も5人に投げかけられた。「今小さいテレビしかないので、大きなテレビが欲しいです。『欅共和国』のDVDを流して、大画面で楽しみたいです」と答えた守屋に続き、土生は「お家が欲しいと思ったけど高いので(笑)、ソファが欲しいです」、渡邉は「洗濯機が欲しくて。キャッシュバックされるなら、少し機能がいいものを選びたいです」と答える。菅井は「これから夏のツアーで移動が多くなるので、頑丈なキャリーバッグを買いたいです」、小林は「枕が欲しくて。スポーツ選手が使っているような、自分に合ったものを作りたいです」とそれぞれに希望を語った。この質問に続いて行われたクイズコーナーでは、一番正解数の多かったメンバーに、実際に希望の品がプレゼントされることに。「欅坂46メンバーの中で、20%の割合を占める星座は?」など「20%」にかけた問題が並んだクイズは難問ばかりで、彼女たちは真剣な表情でクイズに臨む。5人の一喜一憂が続いた勝負の結果は、土生が優勝。彼女は笑顔を浮かべながら「1問しか間違えなかったので、私かな?と思っていました!」と賞品獲得を喜んでいた。

最終更新:7/2(火) 14:10
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事