ここから本文です

ヤクルト・小川 1失点好投で3勝目「自分を信じて投げられた」

7/2(火) 23:33配信

デイリースポーツ

 「広島1-3ヤクルト」(2日、マツダスタジアム)

 ヤクルトの先発・小川泰弘投手が、7回4安打1失点の力投で、3勝目を挙げた。

【写真】16カードぶり初戦勝利 小川監督が久々の笑み

 序盤は再三走者を背負う展開。四回はバティスタの三塁ベースに当たる適時打で同点とされたが、なお無死一、二塁のピンチで後続を封じて追加点を与えず。そこから尻上がりに調子を上げると、五回以降は3イニング連続で三者凡退に仕留めた。

 「前半は苦しいところもあったけど、粘ることができた。ストライクゾーンの強い球で勝負できたのがよかった。自分を信じて投げられた」と振り返ったライアン。自身は1勝8敗から2連勝となり「練習でやっていることが、試合で出るようになってきた。これをいいきっかけにしたい」と巻き返しを誓った。

 田畑投手コーチも「まだ試行錯誤しているけど、いい投球だった」と評価。後半の安定感に「ひと汗かいてからがいい。次も期待しています」と信頼を寄せた。

最終更新:7/2(火) 23:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 21:25

あなたにおすすめの記事