ここから本文です

【バレー】KUROBE 新外国人選手としてシーモン・リー(アメリカ代表)、移籍選手として間橋香織(前日立)、杉原若葉(前東レ)が入団

7/2(火) 12:50配信

バレーボールマガジン

 KUROBEアクアフェアリーズは2日、2019年度のチーム強化策として7月1日付で、Simone Lee(シーモン・リー)、杉原若葉、間橋香織の3選手が入団したことを発表した。

 Simone Leeは米国代表選手で、身長とバネを活かした高い打点からのスパイクが特徴。杉原は東レアローズ、間橋は日立リヴァーレからの移籍で、3選手ともポジションはアウトサイドヒッター。

 3選手のプロフィールは以下の通り。

氏名:Simone Lee(シモーン・リー)
ポジション:アウトサイドヒッター
背番号:10
生年月日:1996年10月7日(22歳)
身長:188cm
出身地:アメリカ合衆国
出身校:ペンシルベニア州立大学
前所属:Beykikduzu(トルコ)

氏名:間橋 香織(まばし かおり)
ポジション:アウトサイドヒッター
背番号:3
生年月日:1996年11月18日(22歳)
身長:173cm
出身地:埼玉県さいたま市
出身校:春日部共栄高校
前所属:日立リヴァーレ

氏名:杉原 若葉(すぎはら わかば)
ポジション:アウトサイドヒッター
背番号:11
生年月日:1995年6月10日(24歳)
身長:180cm
出身地:島根県松江市
出身校:安来高校
前所属:東レアローズ

最終更新:7/2(火) 12:50
バレーボールマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事