ここから本文です

日本はだんだん不幸になっている!? 世界幸福度報告2019に見る日本社会の姿

7/2(火) 20:20配信

LIMO

「世界幸福度報告」(World Happiness Report)というレポートをご存じでしょうか。このレポートは、国連の“持続可能開発ソリューションネットワーク”というチームが2012年から作成しているもので、足掛け8年目のレポートが今年3月にリリースされました(全文はこちらからダウンロード可)。

「世界幸福度報告2019」のランキングを見る

日本はモノに溢れ、そこそこというよりもかなり住みやすい幸福な国と感じている方がほとんどだと思います。筆者もそう思っていますし、たとえいくら他国の幸福度が高かろうと、そこに移住する気なんてさらさらありません。中国やアジア諸国の台頭もあり、日本の経済的地位は相対的に下がってきていますが、日本の幸福度は他国を凌駕しているはずです。余裕綽々でこのレポートを見ていきましょう。

日本の幸福度ランキングは世界156カ国中58位

いきなりショッキングなデータです。このレポートを読む前までは、日本の幸福度は世界ランキング20位前後、良ければベスト10に入っているかなと楽観していたのですが、期待は全く外れてしまいました。

全体では世界156カ国中58位、OECD加盟国36カ国中32位です。なんとお隣の韓国よりも幸福度が劣るという結果になっています。先日サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)で、日本はチリに0 - 4で一蹴されてしまいましたが、チリの幸福度は世界26位です。幸福度でもチリに一蹴されてしまいました。

一体どうなっているのでしょう。

ランキングはこのような観点で算出されている

でも心配することはありません。たかがランキング、たかが数字です。それより中身が重要なんだ! と言いたい読者のためにランキングの算出方法を見ていきましょう。

幸福度ランキングは次の8項目を点数化して総合的に算出されています。基本的にはイエス/ノーの二者択一の答えから集計されて計算されています。

(1) プラス効果: 毎日楽しく過ごしているかどうか。
(2) マイナス効果: 毎日心配して過ごしているのか。
(3) 社会的支援: 困った時に周りに助けてくれる人がいるかどうか。
(4) 自由度: 人生の選択肢が自由かどうか。
(5) 汚職度: 社会や企業に汚職が蔓延しているかどうか(ランクが高いほど汚職は少ない)。
(6) 寛容度: 寄付をしているかどうか。
(7) 1人当たりGDP: 世界銀行による同値。
(8) 健康寿命: 世界保健機構による同値。

たとえば、幸福度ランク世界第1位のフィンランドの各項目順位はこのようになります。

(1)プラス効果: 41位
(2)マイナス効果: 10位
(3)社会的支援: 2位
(4)自由度: 5位
(5)汚職度: 4位
(6)寛容度: 47位
(7)1人当たりGDP: 22位
(8)健康寿命: 27位

一方、58位の日本の各項目順位はこのようになります。

(1)プラス効果: 73位
(2)マイナス効果: 14位
(3)社会的支援: 50位
(4)自由度: 64位
(5)汚職度: 39位
(6)寛容度: 92位
(7)1人当たりGDP: 24位
(8)健康寿命: 2位

フィンランドと日本を比べてみると、日本はこんなイメージになるでしょうか。

===
日本では毎日プラス思考で過ごしている人が少なく、マイナス思考に陥る人が多い。いざとなっても周りに頼れる人は少ない一方で、社会の仕組みがやや窮屈で、汚職もそれなりに発生し、積極的に寄付をする人は少ない。ただし、個人は平均以上に稼いでおり、健康面も問題なくみんな長生きしている。
===

どうでしょう、当たらずとも遠からじといったところでしょうか。

1/2ページ

最終更新:7/5(金) 22:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事