ここから本文です

勝ったけど見過ごせない「?」な場面【タカ番記者の好球筆打】

7/3(水) 9:28配信 有料

西日本スポーツ

8回、楽天・銀次に2ランを打たれ、渋い表情の工藤監督(左から2人目)と森ヘッドコーチ(左)。28番はベンチ裏に下がる高橋礼

 ◆ソフトバンク8-6楽天(2日・ヤフオクドーム)

 今季4度目の5連勝だ。しかも、8回に逆転された試合を再逆転しての勝利だから、選手も首脳陣も、興奮冷めやらぬ状態でベンチ裏へと引き揚げてきた。

 「みんなよくつないだね。あれだけ打てなかった満塁で(甲斐)拓也がスクイズを決めて以降は5者連続で走者をかえしているからね。本塁打に犠飛にスクイズ。選手が何とかしようという思いが伝わってくるね」

 相手の勝ちパターンを崩しての逆転勝ちに、関川打撃コーチも気分がよかったのだろう。引き揚げてくるなり、一時はチームとして28打席連続無安打が続いた「満塁の呪縛」の過去を笑顔で振り返るほどだった。 本文:1,117文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:7/3(水) 9:28
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る