ここから本文です

スイッチスマイル、ビーコンを活用した広告配信メニューを提供 ナビタイムの訪日外国人向けアプリと連携

7/3(水) 17:30配信

MarkeZine

スイッチスマイル、ビーコンを活用した広告配信メニューを提供 ナビタイムの訪日外国人向けアプリと連携

「pinable_ad for inbound」のイメージ図

 スイッチスマイルは、ナビタイムジャパン(以下、ナビタイム)の訪日外国人向けアプリと連携した位置情報連動型の広告配信メニュー「pinable_ad for inbound」の提供を開始した。

「pinable_ad for inbound」のイメージ図 同メニューには、スイッチスマイルが提供するBeaconを利用した位置情報プラットフォーム「pinable(ピナブル)」が活用されている。同プラットフォームはビーコンを利用し、「誰が、いつ、どこで、なにを」がわかるデータをロケーションDMPとして蓄積している。これにより広告主は、消費者の行動情報に基づき、場所やタイミングを考慮して広告を配信することが可能だ。

 また同メニューは、ナビタイムが提供する訪日外国人向けナビゲーションアプリ「Japan Travel by NAVITIME」と連携。訪日外国人がスイッチスマイルのBeaconが設置されている空港や観光地、商業施設などに訪問した際に、通信サービスや交通サービス、飲食情報といった広告を配信できる。

 なおスイッチスマイルは、店舗やアライアンス企業との提携を通じて、2019年度中に100,000個のBeacon設置を目指している。

最終更新:7/3(水) 17:30
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事