ここから本文です

ナックビーナスは連覇がかかるキーンランドCを視野

7/3(水) 12:07配信

netkeiba.com

 4月28日のチェアマンズスプリントプライズ(G1・香港シャティン・芝1200m)で6着のナックビーナス(牝6、美浦・杉浦宏昭厩舎)は、8月25日に行われるキーンランドC(GIII・札幌芝1200m)を視野に調整されていることわかった。

【写真】ナックビーナス、前走が海外初挑戦

 ナックビーナスは、父ダイワメジャー、母レディトゥプリーズ、その父More Than Readyという血統。

 キーンランドCは今年で3年連続3回目の参戦となり、2017年は3着、2018年は自身、そして鞍上モレイラ騎手にとってもJRA重賞初勝利となった。連覇がかかる今年は、香港遠征以来およそ4ヶ月ぶりの休み明けとなる。

最終更新:7/3(水) 12:07
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事