ここから本文です

ファーストリテイリングがショッピングバッグを紙袋に切り替え、2020年内にプラスチック包装85%削減へ

7/3(水) 12:09配信

FASHIONSNAP.COM

 ファーストリテイリングは7月3日、地球環境に配慮した持続可能な事業構築に向けた取り組みの一環として、使い捨てプラスチックの使用削減に関するグループ方針を策定したことを発表した。2020年中を目処に全世界のファーストリテイリンググループ全体で、店頭での使い捨てプラスチック包装の85%に当たる約7800 トンの削減を目指すという。

【画像】9月から順次導入される「ジーユー」のショッピングバッグ

 具体的な取り組みとしては、現在日本をはじめ世界12の国と地域で使用しているプラスチック製ショッピングバッグを廃止し、今年9月1日から再生紙を使用した環境配慮型の紙袋に順次切り替える。また、国内外の「ユニクロ(UNIQLO)」や「ジーユー(GU)」「コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)」「プリンセス タム・タム(PRINCESSE tam.tam)」などの店舗でオリジナルのエコバッグを9月以降に順次発売する。エコバッグの利用促進のため、日本国内のユニクロとジーユーでは、2020年1月14日から全店舗でショッピングバッグを有料化し、1枚一律10円で提供するという。なお、欧州や北米、韓国など16の国と地域のユニクロとジーユーにおいても、9月以降にショッピングバッグを有料化する予定だ。

 このほか、2019年秋冬シーズンからユニクロのルームシューズなど一部商品のプラスチック製パッケージを廃止。将来的にはヒートテックやエアリズムといったインナー類をはじめ、ユニクロやジーユーの一部商品パッケージを紙などの代替素材への切り替える予定で、今夏から検証を開始するという。

最終更新:7/3(水) 14:49
FASHIONSNAP.COM

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事