ここから本文です

インテル首位陥落、年内に巻き返しなるか

7/3(水) 19:30配信

BCN

 インテルのパーツ単体としてのCPUの販売台数シェアの下降が止まらない。全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計する「BCNランキング」週次データによると、2018年10月1日週に72.1%あったシェアは、直近の19年6月24日週に49.5%まで下がり、ついにシェア50.5%のAMDに抜かれた。



 インテルのCPU供給不足問題は昨年から続いている。生産量を増やすため、18年に製造設備に大幅な投資を行った。今年下半期中に立て直しを図る計画だったが、市場は待ってくれなかった。

 7月3日、インテルは日本のPC市場への取り組みに関する記者説明会を開催。ここに出席した井田晶也・執行役員パートナー事業部本部長にこの数字を見せたところ、「AMDは、低価格帯モデルのラインアップが多い。そのため、シェアが伸びたのだろう」とコメントした。
 

 実はCPUの生産量を増やしているが、優先しているのがCore i7などの高価格モデル。「7~9月は高価格帯モデルを優先して生産し、需要分を確保する。年内に低価格帯モデルの増産ができるよう努力している」と井田本部長は説明。つまり、低価格帯モデルの不足はまだしばらく続き、インテルのシェア回復も遅くなりそうだ。(BCN・山下 彰子)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

最終更新:7/3(水) 19:30
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ