ここから本文です

バイオ医薬幹部、臨床試験不成功の公表前に退社の傾向-シティが分析

7/3(水) 10:05配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): バイオ医薬品会社の幹部が後期臨床試験の結果公表前に退社する場合は、試験の失敗を意味することが多い。以前からウォール街関係者の多くが考えていたことが、シティのアナリストの分析で裏付けられた。

シティのイガル・ノコモビッツ氏が出した結論は、良好または不良の臨床試験結果79件に基づく。幹部がデータ公表前に退社したケースの7割で、試験が成功しなかった。

その一例が米イミュノジェンだ。最高財務責任者(CFO)が昨年11月に退任する前に株価は5ドルを上回っていたが、同社の卵巣がん治療薬を化学療法と比較した第3相試験が無増悪生存期間(PFS)に関する主要評価項目を達成しなかったことが今年3月に判明すると、株価が急落した。プロセナも同様な道筋をたどった。2018年2月に最高医療責任者(CMO)の退社を発表、同年4月には試験失敗が判明した。

全ての幹部退社が悪いニュースを示唆するものではないが、シティによると、試験結果公表前に幹部が退社した例では、良好な結果40件中5件だったのに対し、不良の結果では39件中12件に上った。

シティの理論はアタラ・バイオセラピューティクスについても試される見通しだ。同社は1月、共同創業者が6月末までに最高経営責任者(CEO)を退任すると発表。多発性硬化症(MS)治療薬の有効性を調べる第1相試験結果が年内、エプスタイン・バールウイルス(EBV)関連の移植後リンパ増殖性疾患(PTLD)患者に関する第3相試験結果が2020年に公表される予定。

原題:Citi Finds Biotech Executives Jump Ship Ahead of Bad Drug Trials(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Cristin Flanagan

最終更新:7/3(水) 10:05
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事