ここから本文です

レアル久保建英、早速トップチーム帯同か…北米ツアーのメンバーに招集とスペイン紙報道

7/3(水) 23:13配信

ゲキサカ

 今夏、FC東京からレアル・マドリーに移籍した日本代表MF久保建英(18)が、トップチームのプレシーズン北米ツアーに帯同するようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 バルセロナ下部組織育ちの久保は、同クラブへの復帰が既定路線とみられていたが、交渉は難航を極め、先月14日にレアル入りが決定。新シーズンはカスティージャ(Bチーム)でプレーすることが決まった。

 2018-19シーズン、無冠に終わったレアルはアメリカで開催されるインターナショナル・チャンピオンズ・カップに参戦。7月20日にバイエルン、同24日にアーセナル、同27日にアトレティコ・マドリーと対戦する。

 同紙によると、この遠征の招集メンバー30人が明らかとなり、トップチーム26人に加え、4人の若手も加わる予定になっており、その中に久保の名前もあるという。

 久保はベルギー代表MFエデン・アザールやセルビア代表FWルカ・ヨビッチら新戦力だけでなく、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ブラジル代表DFマルセロ、ドイツ代表MFトニ・クロース、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマといったお馴染みの面々と共にプレシーズンを過ごすことになりそうだ。

最終更新:7/12(金) 15:06
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事