ここから本文です

函館の男・武豊 88年以来31年ぶり父の故郷で勝ち星量産だ

7/4(木) 6:00配信

デイリースポーツ

 武豊騎手(50)=栗東・フリー=が今夏、デビュー2年目の88年以来となる函館滞在に臨む。「31年ぶり。サッカーボーイが函館記念を勝った時以来だよ」。そう言って笑うと「昨年の中京が異常に暑かったから、何となく。ルメールからもずっと勧められていたので」と経緯を説明した。

 「調整ルームで寝泊まりして、若手と一緒に寮生活をしている。追い切りでは今まで関わりのなかった厩舎の馬に乗ったり。そういうのも“ならでは”かな」。函館は16年に亡くなった父・邦彦氏の故郷でもある。「親戚も多い。いとこは函館でジェラートの店をやっている」。何かと縁のある地だ。

 2回函館開催は今週の土曜と残り2週間で5日間騎乗する。「ダート千七や芝千二は自分なりのものを持っていて好きな競馬場。札幌も予定に入っているから、つながるかなと思っている。この5日間で2桁勝ちたい。暴れたいね」。50歳のベテランは今夏も旺盛だ。(デイリースポーツ・井上達也)

最終更新:7/4(木) 7:03
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事