ここから本文です

山里亮太、妻・蒼井から生放送中メール 24万円超Tシャツ代金「本当に払うの?」

7/4(木) 9:33配信

デイリースポーツ

 南海キャンディーズの山里亮太が3日深夜にTBSラジオで放送された「JUNK山里亮太の不毛な議論」で、バナナマンから結婚祝いTシャツを送られたものの、制作費の24万8000円の領収書を突きつけられる事態が発生。これに妻で女優の蒼井優から生放送中に「本当に払うの?」と連絡が入った。

【写真】さすが女優!シンプルに見えて…蒼井のピアスはヴァンクリだった!

 番組では、放送中に突如、バナナマンが乱入。2人は山里の結婚を祝う特製Tシャツを着ており、そこには、山里が結婚会見で語った「生意気ながら優と呼ばせてもらっています」の英訳が記されていた。

 山里は驚きと感激で絶句し、日村勇紀と設楽統は「100枚作った!」「おめでとう!」「SMLある」などと結婚Tシャツを説明。更に設楽は「これね、ちょっと読んでよ」と封筒を1枚渡した。

 これに山里は「ちょっと嬉しいです」と手紙だと思って開封したところ「ちょっと待って下さい…手紙じゃないです」と動揺。設楽が「また号泣しちゃうんじゃないの?」とからかうと山里は「違う涙が…。1、10、100、1000…。24万8000円」と中にはTシャツ制作の領収書が入っていたことを明かした。

 あまりの巨額に山里は妻の蒼井へ「蒼井さんもワーッと言ってると思う」とラジオを聞いている妻を思い、「蒼井さんも半額出すんだよ?結婚したんだから」とラジオで新妻に呼び掛けた。

 バナナマンが帰った後、CM中に蒼井からメールが届いたといい「ご連絡一つ入りまして。『本当に払うの?』というのが蒼井さんから」と、突然の出費に妻も動揺している様子。山里は「CM中だったこともあって、『うん』と(返信した)」ところ「(蒼井から)『頑張ろう』ときました。仕事頑張ろうと来ました」と紹介。蒼井も覚悟を決めた様子だった。

最終更新:7/4(木) 13:19
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事