ここから本文です

吉本新喜劇に出演 山下法務大臣“闇営業”問題に触れず

7/4(木) 17:03配信

東スポWeb

 山下貴司法務大臣(53)が3日、大阪市のなんばグランド花月で行われた川畑泰史座長(52)公演の吉本新喜劇に出演した。

 7月が「再犯防止啓発月間」「“社会を明るくする運動”強調月間」となっていることから、広報啓発活動の一環として、吉本新喜劇公演に出演した山下法相。舞台の中盤に「私はただの通りすがりの法務大臣です」と登場すると、観客からは「えっ? 本物!?」とどよめきが起こった。続けて「再犯を防止し、やり直しができる明るい世の中にしていきたい」とアピールした。

 終演後、山下法相は「緊張して、無我夢中でした。セリフを1個飛ばしてしまいました」と苦笑い。公演前の打ち合わせはたった10分程度だったと明かした。

 吉本興業は現在、所属タレントが反社会的勢力のパーティーに参加するなどした闇営業問題に揺れている。そんな中で行われた法務省トップのイベント。山下法相が同問題にどのような考えを持っているのかに注目が集まった。

 吉本は公演以外の内容に関する質問をNGとした。それでも、報道陣は「善意の市民が反社会的勢力とのつながりを断つには、どう注意すればいいか」と、この日のテーマに引っ掛けて食い下がった。

 だが、問題を知ってか知らずか、山下法相は「寄り添ってあげて、一緒に笑い合うことが大切」と返答。質問の真意が伝わり切らなかったようで、闇営業問題について言及することはなかった。

最終更新:7/4(木) 17:03
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事