ここから本文です

陸上=37歳ガトリンが世界陸上に意欲、「最年長にして最速に」

7/4(木) 12:37配信

ロイター

[3日 ロイター] - 陸上の男子100メートルのジャスティン・ガトリン(米国)はすでに37歳だが、9月にドーハで行われる世界陸上選手権で、若手を退けての勝利をあきらめていない。

ガトリンは6月末のプレフォンテーン・クラシックで、今季世界最高記録の9秒81を出して優勝したクリスチャン・コールマン(23、米国)に次ぐ9秒87で2位。通算3回目の優勝がかかる世界選手権では「あらゆる手段を尽くして戦う」とロイター通信の取材に答えている。

ガトリンは「普通は誰だって若いころが一番速い。だが年齢に自分の能力の定義はさせない。できる限りのベストを尽くす。最年長にして最速なんてすごいタイトルだろう」と自信を見せていた。

最終更新:7/4(木) 12:37
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事