ここから本文です

参院選、どこに投票すればいい? 憲法改正、消費増税、選択的夫婦別姓、同性婚について公約を比較してみると…

7/4(木) 18:13配信

ハフポスト日本版

7月4日、参院選が公示された。投開票は21日だ。

ハフポストでは、憲法改正、消費増税、選択的夫婦別姓、同性婚の4点について、主な政党と政治団体が公開している公約を比較した(4日時点の公約を比較したもので、その他の場での党首発言等は考慮していない)。

【公約の比較表】憲法改正、消費増税、選択的夫婦別姓、同性婚は…

憲法改正には、自民と維新が賛成。公明、立憲、国民は慎重な立場を示している。共産と社民は反対だ。

消費税10%への引き上げについては、自民と公明が賛成。立憲、国民、共産、維新、社民、れいわは反対。なお、れいわは、これ以外の項目について公約では態度を示していない。

選択的夫婦別姓は、公明、立憲、国民、共産、社民は賛成する。自民と維新は推進する立場ではない。

同性婚は、立憲、共産、維新、社民が賛成。自民、公明、国民は公約上は態度を明らかにしていない。

■憲法改正

<賛成> ()内は公約から

自由民主党(1自衛隊の明記、2緊急事態対応、3合区解消・地方公共団体、4教育充実の4項目を提示)

日本維新の会(「教育無償化」「統治機構改革」「憲法裁判所設置」の3項目を国民の皆様に提案)

<慎重>

公明党(改正を否定するものではありません)

立憲民主党(立憲主義に基づいて国民の権利拡大に寄与する観点から憲法議論を進めます)

国民民主党(現行憲法の基本的理念と立憲主義を維持しつつ、未来志向の憲法を議論します)

<反対>

共産党(安倍9条改憲に反対し、断念に追い込みます)

社民党(憲法改悪に反対)

<記載なし>

れいわ新選組

■消費増税

<賛成>

自由民主党(全世代型社会保障の構築や財政健全化に向け、本年10月に消費税率を10%に引き上げます)

公明党(消費税率引き上げと同時に軽減税率制度を実施 )

<反対>

立憲民主党(消費税10%への引き上げを凍結します)

国民民主党(今回の消費税引き上げには反対します)

共産党(消費税10%への増税中止の審判を)

日本維新の会(増税の前に身を切る改革)

社民党(消費税の税率10%への増税に反対し、中止に追い込みます)

れいわ新選組(物価の強制的な引き上げ、消費税をゼロに)

1/2ページ

最終更新:7/4(木) 18:13
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事