ここから本文です

172万円詐取、容疑の女を逮捕 岡山南署 太陽光発電設置持ちかけ

7/4(木) 19:44配信

山陽新聞デジタル

岡山南署は4日、詐欺の疑いで、倉敷市、保険外交員の女(58)を逮捕した。

 逮捕容疑は、知人の親族が経営する岡山市の建設会社に太陽光発電設備の設置を持ちかけ、昨年7月23日、同社から設備の外周フェンス設置費として現金約172万円を備前市の施工業者に振り込ませた後、建設会社の関係者を装い、「工事を中止したい」と業者にうそを言い、同27日、自分の口座に設置費を振り込ませた疑い。

 同署によると、施工されないことを不審に思った建設会社が業者に問い合わせて発覚。容疑者は「だまし取ったわけではない」と容疑を否認している。

最終更新:7/4(木) 19:44
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ