ここから本文です

大阪城音楽堂でのイベントにKANA-BOONが出演、ベースはサポートメンバーで

7/4(木) 21:00配信

Lmaga.jp

平日は会社員として働く大阪在住のバンド・ナードマグネットによる音楽イベントが、8月4日に「大阪城音楽堂」(大阪市中央区)で開催。最終出演アーティストとして、KANA-BOONが発表された。

【写真】出演が決定したKANA-BOON

ナードの2ndアルバム発売を記念し企画された同フェスは、「ULTRA SOULMATE」というタイトルにからもわかるように、彼らがソウルメイトと考えるバンド仲間が多数出演する。愛はズボーン(大阪・アメ村発)や夜の本気ダンス(京都発)、DENIMS(大阪・堺発)ら関西出身の戦友バンドをはじめ、cinema staffやteto、フレンズら、ともに切磋琢磨してきた同世代のバンドが集結。そして今回、大阪・堺で結成されたバンド・KANA-BOONの出演が決定した。

ナードマグネットのボーカル&ギター・須田は、「そりゃあ10年以上もバンドをやっていると『身近だったバンドが気づいたらめちゃくちゃ売れてる』みたいなことが何回もあるわけですが、その記念すべき1組目がKANA-BOONでした。なので、なんか個人的に変に意識しちゃって、こっちから積極的に絡んでいったりできなかったんですよね。『ちゃんと対バンできる日まで会わねえ』みたいな(笑)。やっと実現しました。7年ぶりの再会です。燃えるに決まってる」とコメント。

KANA-BOONのベーシスト・飯田祐馬は現在音楽活動一時休止しているため、当日はサポートメンバーが出演する予定。料金は4500円(別途ドリンク代要)で、チケットは発売中。

最終更新:7/4(木) 21:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事