ここから本文です

立民・須藤元気氏「タトゥーは僕の身体の一部」ネット上の批判意見にも堂々

7/5(金) 5:59配信

デイリースポーツ

 第25回参院選が4日公示され、改選124議席に選挙区215人(改選数74)、比例155人(同50)の計370人が立候補を届け出た。立憲民主党の比例代表候補で元格闘家の須藤元気氏(41)は東京・浅草で選挙戦をスタート。背中に大きな鳥の模様のタトゥーが入っている須藤氏の立候補には、ネット上などで批判的な意見もあったが、本紙の取材に「僕の身体の一部なので」ときっぱり。前向きに選挙戦を戦うことを宣言した。投票は21日に行われ、即日開票される。

【写真】格闘家時代の須藤氏、背中にはナスカの地上絵の「コンドル」

 須藤氏は、東京・浅草などで自らチラシを配り、多くの人と笑顔で握手をかわした。

 現役時代“変幻自在のトリックスター”と称され、ナスカの地上絵の「コンドル」を模した背中のタトゥーがトレードマークだった須藤氏。参院選に立候補した今でも健在だというタトゥーについて、批判的な意見もあるが「気にしていない。(批判している人も)いるんでしょうけど、時代によって価値観っていうものは変化していくもの」と堂々と語った。

 「コンドル」の模様は、たすきや、チラシにもシンボルマークとして取り入れている。「僕の身体の一部なので」と数々の激闘をともにした“相棒”と一心同体で戦っていくことを宣言した。

 「今日はデビュー戦」と臨んだ選挙戦初日。雨が降ったりやんだりする状況だったが、「戦力的にはたくさんの人と握手して、触れ合うことが大切」と屋根がある商店街を中心に、浅草や赤羽を歩いた。格闘家を引退した後は、スーツ姿でパフォーマンスユニット・WORLD ORDERのメンバーとして活動したが、この日はグレーのポロシャツにジーパン、スニーカーというラフな姿だった。

 須藤氏が掲げるのは、食の安全、環境保護、平和外交。「選挙はある意味試合。勝たなきゃ始まらない」と宣言し、「(投開票までの)17日間突っ走りたい」と笑顔を見せた。

最終更新:7/5(金) 7:56
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事