ここから本文です

浅川梨奈出演、音楽劇『Zip&Candy』本日開幕!「歌唱シーンは、いつもの5倍くらいあたたかい目で見ていただければ」

7/5(金) 17:52配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■W主演の秋山ゆずきが、浅川梨奈をベタ褒め!「男前で素敵です」
女優の浅川梨奈が主演する音楽劇『Zip&Candy』が、本日7月5日より公演がスタート。公演に先立ち、ゲネプロと囲み取材が六本木の俳優座で行われた。

【画像】注目の歌唱シーン

今作は、お笑い芸人、絵本作家など多彩な才能を発揮する、にしのあきひろの2冊目の絵本として出版された『Zip&Candy』が原作。原作には、描かれていないエピソードなどを盛り込み、演出家・なるせゆうせいの手によって音楽劇として上演される。

今回、浅川梨奈は、映画『カメラを止めるな』のヒロインを務めた女優の秋山ゆずきとW主演。ZipとCandyの役をお互いに入れ替えながら演じていく。

浅川は本作の見どころについて、「今日、私が演じるZipは、最新型のロボットなのですが、原作ではどのように作られたかなど、過去が描かれていない。舞台では、誕生にまつわる秘話など裏側も楽しんでもらえる内容になっています。Zipはわがままな男の子ですが、Candyにあって成長していくところを観てほしい。ふたりのキャラを毎公演変えていくのですが、Zipは私の小学生時代にそっくりで、喋り方とか、いろいろなものがしっくりときて自分に重ねてしまいます。一方、Candyは私が思う理想の女の子を意識して演じてますが、どちらの役も楽しくて、どちらも観てもらいたい」と語った。

今回、音楽劇ということで、劇中歌が10曲もあり、その中にはソロ曲も用意されているとのこと。女優業を本格化させてきた中で、「楽曲も多いのですが、さらに踊りもがっつりとあるんです。歌唱シーンは、いつもの5倍くらいあたたかい目で見ていただければ」と周りを和ませながらも、今作の演出に期待を寄せた。

W主演を務める秋山の印象を聞かれると、「秋山さんとは初対面なんですが、真面目で一つひとつ、ていねいに取り組む方で、みんなを引っ張ってくれて、私とは違うタイプで、みんなをまとめてくれます。勉強になります」とタイプこそ異なるが仲睦まじい様子を見せていた。

秋山からは、「グラビアが好きで昔から知っていたのですが、舞台でもエスコートしてくれたり男前で素敵です」と褒められ、照れくささを垣間見せる場面も。

そして、最後に、これから観に来る人へのメッセージを聞かれた浅川は、「個性的なキャラ、ワクワクする内容。舞台の楽しさや賑やかさが少しでも伝わればいいなと思います。私は大事なときに雨が多いのですが、怪我なく無事に全16公演駆け抜けたいです」と語った。

舞台情報
音楽劇『Zip & Candy』
07/04(木)~07/14(日) 東京・俳優座劇場
原作:にしのあきひろ『Zip & Candy』(幻冬社)
脚本・演出:なるせゆうせい
キャスト:浅川梨奈 秋山ゆずき/校條拳太朗、米原幸佑、内海啓貴、反橋宗一郎、古畑恵介、加藤凛太郎、足立英昭、岩城滉太、田中孝宗(劇団俳優座)、後藤紗亜弥、中江早紀、中村翼、あまりかなり、西田薫子、平田りえ、松村泰一郎/緒月遠麻/星田英利 ほか

音楽劇『Zip & Candy』作品サイト
http://zipandcandy-stage.com/

最終更新:7/5(金) 17:52
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事