ここから本文です

「童顔巨乳」浅川梨奈に新キャラ!? 独特のクセでお笑いオファー殺到

7/5(金) 17:01配信

東スポWeb

 女優の浅川梨奈(20)、秋山ゆずき(26)が4日、東京・六本木の俳優座劇場で、ダブル主演の音楽劇「Zip&Candy」(14日まで)の初日を迎えた。

 土星の裏側を舞台に、最新型ロボット・ジップと旧型ロボット・キャンディが繰り広げるファンタジーで、原作は絵本作家にしのあきひろ(キングコング・西野亮廣)。

 浅川は1月、アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」(スパガ)を卒業。「1000年に一度の童顔巨乳」の愛称でグラビアでも活躍する一方で、サバサバした男勝りな一面があることでも知られる。

 浅川は、天真爛漫な少年のような性格のジップを「私の小学生の頃にそっくり」と分析。昨年、社会現象を巻き起こした映画「カメラを止めるな!」でヒロインを務めた秋山も、浅川のグラビアを雑誌で見ていたそうで「かわいい子だなと思っていたら(同劇で初共演して)男前だなと思った」と指摘した。

 浅川はキュートなルックスから想像できないほど濃いキャラの持ち主。昨年1月に放送されたバラエティー番組では自宅が“汚部屋”化していることが明かされた。今年5月には、うんこをテーマにした「うんこミュージアム」(横浜市)を訪れ、楽しんだという。

「ファンからは『黙っていれば超絶かわいいのに』とネタにされることもあるが、クセがスゴいキャラはバラエティーにも向いている。たくさんのオファーが舞い込んでいるようだ」とテレビ局関係者は話している。

 アイドル卒業後は女優とグラビアを並行しつつ、お笑いにも本格的に進出か!?

最終更新:7/5(金) 17:01
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事